> 車を廃車・売却した際の自動車税について

 

車を廃車・売却した際の自動車税について

 

【還付される税金、されない税金】

車を廃車したときは、自動車税が還付される仕組みがあります。同じく前払いをする自動車重量税には還付の制度はありません。また、軽自動車税はもともと課税金額が低いため、還付の制度はありません。


【車売却のとき】

車を売却したときには、買取業者がその後その車を廃車にするか、売却するかで違いがあります。
廃車の場合には前述の通り、自動車税の還付が受けられます。
売却の場合には、自動車税は月割にして、売主・買主双方が按分して負担することが多く、4月1日の所有者が自動車税を一括で納付して、そのあと車を売却した際には、月数に応じた自動車税の受け取りをすることが一般的です。
車の買い取り業者の査定額にすでに含まれていることも多いため、事前に確認することが大切です。

なお、自動車税は4月1日の所有者が納税義務者となりますが、3月末に売却しても手続きが4月以降になると、4月1日時点で所有者が変更になっておらず、前の所有者に自動車税の納付書が来ることがあるので、3月後半の売却には気を付けて下さい。


【保険の手続き】

また、車を廃車にして、次の車を買わない場合には、自賠責保険や任意保険の還付も受けることができます。自動的に戻ってくる自動車税とは違い、保険会社に直接解約の手続きをする必要があるため、忘れないように気を付けて下さい。

 

 

 (2018年2月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。