> 法人設立届出書等の添付書類の見直し

 

法人設立届出書等の添付書類の見直し

 

平成31年4月1日以後に提出する設立届出書(国税)については、設立の時における貸借対照表の添付が不要となりました。

また、平成29年4月1日以後に提出する設立届出書(国税)については、登記簿謄本の添付が不要となっています。

なお、地方税の法人設立届出書については、定款と謄本の添付が必要ですのでご注意ください。

 

◎法人設立届出書の主な添付書類

1.設立の時における貸借対照表→【改正後:不要】

2.定款、寄附行為、規則若しくは規約又はこれらに準ずるものの写し

3.株主等の名簿の写し

4.設立趣意書

 

 (2019年5月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。