開業京都TOPページ > 簡易課税届出の後出しについて

 

簡易課税届出の後出しについて

 

消費税の増税に伴い、一時的に消費税の簡易課税届出の後出しができます。
期間は2019.10.1〜2020.9.30です。


上記間を含む事業年度について、事業年度終了時まで簡易課税が提出できます。

例えば、10月決算法人であれば、2019年10月期と2020年10月期の両方が対象となります。

消費税の申告方式(簡易課税か原則課税か)の有利不利判定は、2019年10月決算法人からは、期末時点で翌期だけでなく、進行期の2019年10月期についてもを行うようにする必要があります。

 

 (2019年7月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。